主に管理人が気になった漫画、アニメ、特撮、ゲームについて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A20070410_122611493.jpgA20070410_122921927.jpgA20070410_123015293.jpg
A20070410_123454375.jpgA20070410_123635330.jpgA20070410_123748836.jpg
A20070410_123823706.jpgA20070410_123948598.jpgA20070410_124110946.jpg

危なあああああい!!危なすぎる!!逃げてーー!!永澄君今すぐ逃げてえええええええ!!
サメが襲ってきたり世界一の殺し屋さんがいたりとお祭りがデンジャラスすぎる。
特にチャカバナナが一番危険だった。あのままズキュンと一発頭をふっ飛ばしてもおかしくなかった。
むしろその方が自然な流れだったぞ。
いやー、瀬戸内海近辺のお祭りがこんなに危険だとは知らなかったよ。
中国・四国地方に遊びに行くときは防弾チョッキが必要ですね(マテ

瀬戸の花嫁、一話目が微妙だったから切ろうと思ったけど二話目が意外とおもしろかった。
特に極道さんと永澄の掛け合いが楽しすぎる。よってもう少し視聴を続けようと思う。

A20070410_124016178.jpgA20070410_124200508.jpgA20070410_124304720.jpg

あと所々絶妙なタイミングで活躍する政さんが素敵すぎる(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://digadiga.blog75.fc2.com/tb.php/215-dfc5b6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
瀬戸の花嫁 12 (12)人魚の娘・燦と夫婦となった永澄。そんな状況で、戸惑いを見せる彼に、互いを知るためにとデートに誘うよう祖母はアドバイスする。そして、燦との初デート・・・。二人は夏祭りへとやってきた・・・。
2007/04/17(火) 04:30:34 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
瀬戸の花嫁瀬戸の花嫁(せとのはなよめ)は、1972年4月10日に発表された小柳ルミ子が歌った歌謡曲である。作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃。瀬戸内海の小島へ嫁が嫁ぐ様・心情と、新生活への決意が歌われている。概要小柳ルミ子としては「わたしの城下町
2007/05/16(水) 15:36:44 | あみの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。